読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多なノート

プログラミング初心者がメモとかを書きます。基礎的なこともメモとして。偏食系のアニオタ。

Play Frameworkのインストール

Play Frameworkをインストールしてみた.

作業環境

作業

Play FrameworkはTypesafe Activatorというツールを通して利用するらしい.

まずは,公式サイトからActivator distributionをダウンロード,解凍する.

Build Reactive Applications with Typesafe Activator | @typesafe

$ wget https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.7/typesafe-activator-1.3.7.zip
$ unzip typesafe-activator-1.3.7.zip

読み込みと書き込み権限がある場所に展開する必要があるらしいので何も考えずにホームディレクトリに展開した.

いちいちディレクトリ指定するのが面倒なので展開したディレクトリにパスを通す.

.bash_profileに以下を追記した.

PATH=$PATH:/home/USERNAME/activator

一度ログアウトしてログインしたあと,コマンドが起動できることを確認してインストール作業終了.

activator -help  

新規アプリケーションは以下のコマンドで作成できる.

activator new APPNAME play-java

するとカレントディレクトリにアプリケーション名と同じディレクトリが作成される.

参考

Installing

パス(PATH)の確認と設定方法は? - Pocketstudio.jp Linux Wiki